ご挨拶

はじめまして。鍼灸あかりの小倉千佳です。
当院のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

院名のあかりは灯を意味し、
女性が社会の中で灯のように自分らしく活き活きと暮らせるお手伝いがしたいと思いスタートいたしました。

古くから伝わる言葉に「一燈照隅 万燈照国」があります。
一人一人が自分の身近の一隅を照らす。それだけでは小さなあかりかもしれないが、その一隅を照らす人が増えていき、万のあかりとなれば、国全体を照らすことができる。

その想いを胸に、人と人との関わりを大切にしております。

そして、東洋医学は、病だけを診ずに人を診る医療です。

日本の古典『鍼道秘訣集』に「挽かぬ弓、放たぬ矢にて射つときはあたらずしかもはずさざりけり」という文言があります。鍼をするときの心持ちが大事なのだと医療の原点を説いています。

この医療の原点を信念とし、患者さんのもつ苦しみやつらさに耳を傾け、一人一人にあった治療を心がけています。

一日でも早く笑顔を取り戻し、自分らしく生きる幸せを感じて頂きたいと思っております。

鍼灸あかり 院長 小倉千佳

 

鍼灸師の紹介

鍼灸師/小倉千佳

東京都新宿区出身

早稲田大学人間科学部卒業
日本医学柔整鍼灸専門学校卒業

学校卒業後、不妊鍼灸院やスポーツ鍼灸などの鍼灸治療院の勤務を経て、神楽坂にて開業。

趣味:町・カフェ・神社めぐり、散歩、音楽鑑賞、美味しいものを食べること